キリタニネット

日常とイラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボローニャ国際絵本原画展2011 (西宮市・大谷美術館)

今年も絵本教室の仲間たちと行ってきました。大谷美術館。

絵本教室に通っていたのはもう4年前。
最近、絵を描いていないせいなのか、歳のせいなのか、諦めのせいなのか、
去年ほど感動しませんでした・・・さみしいなぁ。

そのなかで、唯一釘付けになったのが、韓国の作家さんの
「カエル」「山羊」「鹿」「キツネ」「フクロウ」クラスの卒業アルバム仕立ての作品。

「絵本展」と名前がついているのですが、絵本になってなくっても、
ストーリーがなくっても、シリーズ化された作品であれば、良いのです。

1クラス30名ぐらいだったでしょうか。
たて長の楕円のセピア色の写真が並んでいます。詰襟だから男子校ですね。
「原画展」とありますが、どう見ても写真。
コラージュ作品もたくさんあるから、問題ないのでしょう。

真正面からの動物の顔・・・探すの大変だったと思います。
集まったのは、高画質のものばかりじゃなかったでしょうけれど、
荒めに加工してあるので、全く違和感がない。

同じ時にとった、同じクラスの生徒・・・という感じが出ています。
ここは、作家さんがかなりこだわったと想像します。

みなさん、キツネってどんな顔を思い浮かべますか?
思いうかぶの顔は1つか、せいぜい2つでしょ?

それがですね、
やおい本(※1)に登場しそうな美しい少年から、たちの悪いチンピラまで。
みんな、じつに個性的。笑ってしまいました。

キツネはね、雑食のせいか目が前にあったり、ちょっと離れてたりするんですけど、
山羊なんて、み~んな目がとんでもなく離れているのに、個体の識別が十分できるんですよ。
びっくり。

ここで思い出した作家さん。
現代アートの澤田知子さんは、学校での集合写真なんかを一人で演じています。
http://www.e-sawa.com/
この方の作品もかなり面白いのです。

今回観た作品は澤田さんの作品と、
全く逆の観点から作られた作品といえるんじゃないでしょうか。

同じようでも違う人(動物)。違うようでも同じ人。

ナンバーワンよりオンリーワン。
山羊さんたちも、みんな同じじゃないんだよ。

う~ん、全く逆のことやってても同じようなことを訴えているのかな。

※1.読んだことはありません。
  1. 2011/09/01(木) 19:06:23|
  2. 作品展・映画の感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たぶんわたしは水毒です | ホーム | 塩釜冷泉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kiritaninet.blog.fc2.com/tb.php/5-ea79bb17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。